アーカイブス

岡ゼミ個別スクエア・スタッフブログ

継続は力なり

エントリー投稿日:2017/05/25
みなさん中間テストお疲れ様でした!
この2週間はしんどかったと思いますが、人は何か目標があるほうが頑張れると思いませんか?

私は毎年今ぐらいの時期になると決まってある目標を立てます。
それは夏までに体を鍛えることです。
この目標が達成されたことはまだありませんが、今年こそはという気持ちで最近筋トレとランニングを始めました。
動機は単純で、夏になると娘と息子を連れてプールや海に行く機会が増えるからです。
近頃は二人とも生意気で「パパガリガリやなw」とか馬鹿にしてくるようになりました。
私自身も一度くらいはたくましい体になってみたいという願望もあり、人間やればできるということを子供にみせるチャンスです。

正直なところ、腕立て伏せや腹筋運動は辛いだけですぐ挫折しそうになります。
ランニングも走り出せば気持ちいいのですが、それまでの心の葛藤に打ち勝つのは容易ではありません。
毎日どちらかは必ずやるという比較的甘いルールを定めて頑張っていますが、当然すぐに結果が出るわけもなく今にもやめてしまいそうです。
これは勉強によく似ていると感じました。
続ければ必ず今よりもいい結果を生むとわかっていても、日々努力を継続させることは並大抵のことではありません。
しかし、いつも結果が出る前にやめてしまうのはどうなんでしょうか?

話は変わりますが、私は小学2年生のときにスピルバーグ監督の『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』を観てから映画が大好きです。
高校2年生のときに観たタランティーノ監督の『パルプフィクション』で今も忘れられない印象深い言葉があります。
ざっとあらすじを話すと、ブルース・ウィリス扮する落ち目のボクサーがマフィアのボスから八百長試合を持ちかけられます。
その時にマフィアのボスがブルース・ウィリスに言った台詞です。
「人は皆歳をとると自分もワインのように熟成していくと思っているが、本当は酢になっていく奴ばかりだ。賢い人間はそれを知っている。お前は賢い男だ。」
意訳するとこうなります。「君のボクサーとしてのピークは過ぎているから、この試合はわざと負けなさい。そうすればお互い幸せになれますよ。」
ボスの言葉を聞いて、高校生だった僕は衝撃を受けました。なぜならその当時はまだ成長期だったこともあり、歳をとる=熟成する(大人になる)だったからです。
30代最後の今、ボスの言葉が重く心と体にのしかかります。20歳を境目に人間の体は老化し始めます。そりゃ普通にしてたら酢になっていくだけです。

中身は外見より大切です。見た目は子供、頭脳は大人!でお馴染みの名探偵コナンくんが、逆だったらどうでしょうか?
たったひとつの真実見抜くどころか、すぐにだまされてしまいそうですね。
ワインのように熟成していく人生を望むのであれば、それ相応の努力は絶対必要です。
幸いみなさんの体は老化とはまだまだ無縁ですので、今はしっかり内面(頭脳)を鍛えましょう!
1ヶ月もすれば期末テストです。今回の中間テストで結果が出せなかった人はこれからの1ヶ月は努力を継続させてください。

パルプフィクションのブルース・ウィリスは試合に勝ちマフィアから逃げることを選びます。(偶然ですが対戦相手は死んでしまいます)
私も老化と戦いながら自分の可能性を試してみようと思います。

大津校 山下

さぁ鐘を鳴らせ

エントリー投稿日:2017/05/19
各中学校・高校においては、ちょうど中間テスト期間にさしかかっていると思います。計画通り進めていますでしょうか?

高校受験においても大学受験においても、受験生達と接していると、いろいろな悩みを相談されることがあります。
「なんでこんなしんどい思いをせなあかんの?」
どの子にとっても思い浮かぶことだと思います。
「それだけしんどいって思えるということは、それだけ頑張ってるっていう証拠やな!偉いな!」
そう返します。

今はしんどいと思うけど、そこを我慢して頑張って乗り越えたときには、達成感や満足感はもちろん、今後同じような壁が来たとしても乗り越えられる自信がついているから後が楽になる。将来の自分のためにも、逃げずに頑張って乗り越えような!
そう伝えます。
もちろんいろいろな考え方があり、「無理に我慢する必要はないよ。」ということも言えると思います。どれだけ頑張っても報われないようなことであればそうだと思います。

でも人生山あり谷あり、いろいろなことが起こっていくので、しんどいことから逃れることはできない、避けては通れないと思っています。だったら、しんどいこともいつまでも続かず、いつか晴れるときが来る、という経験をしていてほしい。分かっていて欲しい。
昨日テレビを見ていて、とあるアーティストの歌詞を知り、受験生に聞かせたいな~と思いながら感じたことでした。

A-plus相生校 岸本

暗記のコツ

エントリー投稿日:2017/05/17
いきなりですが,みなさんは暗記が得意ですか?定期テストの前には,「ワークは何とか終わったけど,今からこれを全部暗記しないと…。」と思うと気が遠くなる人が多いのではないでしょうか?暗記のコツをつかめば,覚えることが少しずつ楽しくなるかもしれません。いろいろな本やインターネットで暗記のコツが紹介されています。私が中学生の時,どのように暗記していたかという経験も踏まえていくつか例をあげたいと思います。

①声に出しながら暗記する
例えば英単語を書いて覚えるとき,一語書くごとに必ずその単語を発音しながら書いていくとより速く確実に覚えることができます。また教科書の英語の基本例文を暗唱するときも,じーっと黙読して覚えるのではなく,少しゆっくり音読しながら暗唱するのがよいと思います。とにかく声を出して耳で聴きながら,何回も何回も繰り返すことが大切です。

②夜寝る前に暗記モノの勉強をする
人間は寝ている間に記憶を整理するそうです。寝る直前に入ってきた新しい情報はより記憶に定着します。ですから,寝る前は英単語などあまり考えなくてもできる暗記モノの勉強がお勧めです。そして最も大切なことは,朝起きたらできるだけ早いうちに前夜の復習をすることです。そうすることによってしっかり覚えられたか確認することができます。また覚えていないことはその場で覚えなおすことができます。

③覚えているか確認する機会をつくる
英語の基本例文を20個くらい暗唱できたとします。それらをいろんな機会に覚えているかどうか試してみることが大切です。お風呂やトイレに入っているとき,学校の休み時間など,何回も繰り返して言えるかどうか確認して下さい。お父さんやお母さん,兄弟,友人などにテキストをわたしておいて,暗唱がちゃんとできているかをテストしてもらうことも有効です。またしっかりと暗唱できるようになったら,今度は基本例文を書けるように声を出しながら書く練習を覚えるまで繰り返しましょう。

④友人と問題の出し合いをする
理科や社会などの暗記科目は,友人といろんな問題を口頭で出し合い,ゲーム感覚で覚えていくのも効果があります。覚えているかどうかを確認できるいい方法だと思います。

期末テストに向けて,特に暗記が苦手な人は参考になればと思います。

小野校 楠本

人間たる者、自分への約束を破る者が最もくだらぬ。

エントリー投稿日:2017/05/13
これは、思想家・教育者の吉田松蔭の言葉です。

そこであなたに質問です。
「最も約束を破りたくない相手は誰ですか?」
この質問は、「自分にとって、誰が一番大切ですか?」とも言えます。
そして多くの場合、その答えは“自分”です。
自分との約束を守るのは、とても難しいことです。
何故なら、約束を破っても、誰も文句を言わないからです。
 しかし、本当に成長したいと思うなら「将来こうなりたいから努力しよう」「この目標を達成するために、毎日これをしよう」など、自分との約束を守ることは、とても大切なことだと私は思います。
 もし、質問の答が自分で無かったとしてもOKでしょう。ただし、約束を守ることで自分が豊かになることは間違いないでしょう。先ずは自分との約束を守り、自分のことを一番大切にしてみましょう。

そこで・・・
もうすぐ定期考査が始まります。その前に自分と約束してみてはどうでしょう。
「全科目平均点+20点をとる」「英語は80点をとる」などなど、約束してみましょう。
そして、その約束を達成するために、いつもと違う勉強をしてみましょう。
安室個別では下記日程にて、テスト対策勉強会を無料にて実施します。
・5月13日(土)14:00~18:00
・5月14日(日)14:00~18:00
・5月20日(土)14:00~18:00
・5月21日(日)14:00~18:00
約束を守るためのサポートを精一杯させて頂きます。
皆さんの参加、お待ちしています。

安室校 木村

効率よく勉強する方法①

エントリー投稿日:2017/05/11
脳の準備運動をする。

運動する前に、準備運動をした方が、記録は伸びます。
脳も同じ体の一部ですから、まずは勉強する準備をしましょう。

いきなり新しいことを勉強するのではなく、
簡単な復習から入り、徐々に脳を活動させて
次に新しいこと・難しいことに挑戦すると、
いつもより、理解力・暗記力がUPするかも。

龍野校 曽谷

無料体験授業

お電話でのお問い合わせ、フォームからのお問い合わせ・資料請求はこちらから!