「夏休みにするべきこと」

「夏休みにするべきこと」

エントリー投稿日:2019/07/13
こんにちは。小野校の楠本です。
夏休みまで残りあと1週間くらいになりました。塾生のみなさん,期末テストの結果はいかがだったでしょうか?今回は私が中3の夏休みにどのような勉強をしたのかを少しお話したいと思います。
中3の夏休みにみなさんがするべきことはズバリ「苦手科目」の克服です。私の場合は「社会」でした。私の通っていた個人塾は夏季講習がなかったので,本屋さんで受験用の社会の問題集を1冊買ってきました。夏休みの間,1日に2時間以上,その問題集を使って社会の勉強をしました。社会の勉強は「暗記」が中心になりますが,私は暗記するときに次のことを心掛けていました。
➀ 何回も繰り返すこと。 ② 印象に残る覚え方をすること。 ③ 思い出す練習をすること。
➀については,どんな問題集でも「最低3回以上は繰り返さないと記憶に残らない」ということです。②については,ただ単に丸暗記するのではなく,「前後の関連性やつながりを考えて覚えていくこと」です。③については,見たり聞いたりする(インプット)よりも,「思い出して再現する(アウトプット)練習をした方が記憶に残りやすい」ということです。自分で覚えているかどうかを何回も言ったり書いたりして確かめる「テスト」をしたり,友人と「問題の出し合い」をすることもとても有効です。お互いにアウトプットしあうことでより理解が深まること請け合いです。このように夏休みに「社会」を徹底的に勉強したおかげで,2学期以降は「社会」でしっかりと点数が取れるようになりました。塾生のみなさんは夏季講習があるので,「講習テキスト」を使って復習し暗記していきましょう。そして夏休み明けの実力テストで勉強した成果をしっかりと発揮できるように頑張って下さい。

小野校 楠本

無料体験授業

お電話でのお問い合わせ、フォームからのお問い合わせ・資料請求はこちらから!

アーカイブス